法令情報

使用条件
CoesiaのWebサイトは、Coesia S.p.A(「Coesia」)が提供するオンライン情報およびコミュニケーションサービスです。本サイトの使用または本サイトからの資料のダウンロードは、下記に記載された条件を順守することに合意したとみなされます。下記条件に同意できない場合は、本サイトの使用およびサイトからの資料のダウンロードなどはお控えください。

使用の制限
Coesia Webサイトの内容の著作権表記:Copyright 1995-2015 Coesia S.p.A..All rights reserved.CoesiaのWebサイトページの内容は、Coesiaの書面による許可なく、コピー、複製、転送、アップロード、発行、配布などのいかなる利用も禁じます。ただしCoesiaは個人的な使用にのみ限定して、コンピュータへの保存または当サイトのページから抽出された内容のコピーの印刷に同意します。

特に明示していない限りこのWebサイトに表示される商標およびロゴは、Coesiaまたはその関連会社が所有権を有します。商標やロゴは、Coesia S.p.A.の書面による同意なしで、CoesiaのWebサイト以外のWebサイトでは使用できません。Coesiaの名称やCoesiaを含むいかなる商標もCoesia S.p.A.の書面による同意なしでは、インターネットアドレスに組み込むことはできません。

免責事項
当Webサイトの情報は誠意を持って提供されており、Coesiaはその情報の正確性に最善を尽くしておりますが、製品の購入を希望する関係者の方々は、これらの情報に完全に依存するのはお控え下さい。設置する予定の製品の詳細や使用上の適合性については個別にお問い合わせください。特定の製品の品質や、特定の目的に対する製品の適合性、すべての知的財産所有権に関して、当Webサイトにて提供されるすべての情報はいかなる保証も、条件も、その他の使用条件も確約するものではありません。Coesiaは契約の有無に関わらず、本Webサイトにて提供された情報から発生した、収入、利益、事業、契約、福祉に関するいかなる損失に対しても、あるいは間接的に生じた財務面の損失に対しても、その責任を負うものではありません。

当Webサイトの情報には技術的な不正確さ、または入力ミスによる間違いが含まれている場合があります。情報は予告なく変更、または更新される場合があります。当Webサイトで説明している製品についても、Coesiaは予告なく改善や変更を実施する場合があります。

リンク
CoesiaのWebサイトのページからリンクしている第三者が作成または発行した資料についても、Coesiaは責任を負いません。リンク先のサイトへの訪問は、ウィルスやその他の有害な要素に対するすべての対策も含め、自身の責任で行って頂くものとします。またリンク先に関して、そこで説明されている製品に関する業務を行っている会社について、Coesiaがスポンサーであるという意味や、Coesiaの関連会社であるという意味は一切含まれておりません。

ユーザーからの情報
電子メールやWWWページなどを経由してCoesiaに送信されたいかなる資料についても、機密情報とはみなされません。Coesiaはこのような資料に関するいかなる義務も負いません。Coesiaは、資料の複製、使用、開示、表示、変換、二次的著作物の作成、資料の他者への配布といったことを、制限なしで自由に実施できるものとします。さらにCoesiaは、このような資料に関連する製品の開発、製造、マーケティングを含むあらゆる目的において、このような資料に含まれるアイデア、概念、ノウハウ、技術も自由に使用できるものとします。本サイトのユーザーは、提供資料の上記取り扱いに同意したものとみなされ、資料に関連して第三者がCoesiaに対して何らかのアクションを起こした場合、Coesiaに対して補償を行うことに同意するものとします。

Cookies
Cookie(サイトの訪問時に、一部のWebサイトがユーザのアドレスに送信する可能性がある小さなデータファイル)が、ユーザのトラフィックパターンを参照する目的で、当サイトのいずれかの部分に存在する可能性があります。Cookieを受信したくない場合は、Cookieを受け入れる前に警告が発せられ、その存在についてブラウザによって警告が発せられたときに拒否できるよう、ブラウザを設定することができます。また、すべてのCookieはブラウザで設定をオフにすることによって拒否できます。

法令とその管轄
当使用条件に関するいかなる紛争も、それによって生じるいかなる活動も、イタリアのボローニャ裁判所が非専属的裁判管轄権を有し、イタリアの法令が適用されます。しかしCoesiaはそれが適切とみなされるいかなる場合にも、その利害を保護し、権利を行使するために、イタリア以外の諸国で法的手続きを踏む権利を有します。